JANIC Books
NGOの情報誌
シナジー

2016年4月25日発行

NGOの働き方改革

NGOの情報誌
シナジー

2015年12月25日発行

私たちのSDGs-本当に達成するために-

NGOの理解促進と各組織との連携

NGOの理解促進

日本でまだNGOという言葉が定着していない50年以上前から、日本の国際協力NGOは途上国の人々の自立支援のために活動を開始していました。今日、日本のNGOの活動は飛躍的な発展を遂げ、新聞やニュースなどで取り上げられるようになってきました。
しかしながら、まだまだNGOの活動を知っている人は日本国民のごく一部にすぎません。NGOは市民に支えられ、市民とともに活動する組織体です。JANICはまず日本のみなさんにNGOの活動や役割をわかりやすく伝え、一緒に活動してもらうように参加の機会を提供していきます。

JANIC Books

知識としてNGOを習得したい方にはJANICが発行している調査報告書や研修報告書が役立ちます。
 → JANIC Booksへ

NGOを学ぼう

セミナーやガイダンスに参加して、もっとNGOについて学びたいかたはJANICが主催する定期セミナーがお勧めです。
 → NGOを学ぼうへ

NGOつながりキャンペーン

JANICと一緒に国際協力の輪を広げる活動をしてくれる方には「NGOガイド」を無料で配布しています。
 → NGOつながりキャンペーンへ

NGO相談員(外務省委託事業)

直接JANIC事務所で、電話で、EメールでNGOのことについて相談したい方はNGO相談員制度をご活用ください。
 → NGO相談員(外務省委託事業)へ

「国際協力NGOナビ」(JANICメルマガ)

JANICでは2週間に一度、メールマガジン「国際協力NGOナビ」を配信しています。登録するとNGOのイベントや求人情報。JANICスタッフのコラムなどご覧いただけます。
 → 「国際協力NGOナビ」(JANICメルマガ)へ

各組織との連携

NGOは市民社会に支えられていますが、政府や自治体、国際協力機関、民間企業や労働組合など、NGOとは異なるセクターの他組織と連携することも相乗効果を生み出します。
近年は特に企業の社会的責任(CSR)の一環として、国際社会貢献を行う企業が多くあり、NGOと連携をしながら、社会的問題を解決しようと試みています。
JANICはネットワークNGOなので、他組織とNGOを繋ぐ役割もはたしています。

企業とNGOの連携に関する最新情報は特設ページからご覧いただけます。
 企業 X NGOの取り組みへ

労働組合も労働運動の一環として国際的な社会貢献活動を行うアクターです。JANICでは労働組合と協働するフォーラムの設立にも関わっており、現在このフォーラムのNGO側の事務局を担っています。
 NGO-労組国際協働フォーラム へ

日本政府との関係については政策提言と調査研究のページからご覧いただけますが、全国の自治体の国際活動を促進するためにJANICは自治体国際化協会(CLAIR)との連携も積極的に行っています。JANICとCLAIRが共同運営している市民国際プラザでは自治体とNGOの連携のバックアップを行っています。
 自治体との連携へ