HOME > NGOサポート募金 > 環境保全・環境教育 まとめて募金
はいいいえ

環境保全・環境教育 まとめて募金

地球の環境を守りたい。
環境保全・環境教育まとめて募金
これまでの総募金額
39,880,693円

ご寄付の受付は2017年3月31日(金)をもって終了いたしました。31日を過ぎていただいたご寄付は、加盟NGOへの配分ができません。ご注意ください。

あなたの募金が、環境保全・環境教育に特に力を入れている下記の13のNGO団体へ均等分配される募金です。


なぜ、支援が必要なの?
世界の環境の現状を知ろう


この分野のNGOの生の声を聞こう!
NGOスタッフロングインタビュー

環境保全・環境教育 まとめて募金 まとめて募金 NGO一覧(あいうえお順)

(公財)オイスカ
農業と環境に取組む日本発、国際協力NGO

2011年で創立50周年。アジア太平洋南米諸国を中心に26ヵ国で活動。農林業研修センターは11国15所、年間900名の研修生が在籍。1980年からの植林面積は14,320ha。

(公財)オイスカ
(特活)WE21ジャパン
お買いものがたくさんの笑顔をつくる

寄付された品物を販売するリユース・リサイクルショップ「WEショップ」を運営するWE21地域NPOと連携して、主にアジア地域の人びとの生活向上支援や、世界の現状を市民に伝え、学ぶ場をつくっています。

(特活)WE21ジャパン
(特活)アイキャン
人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」

私たちアイキャンは、一人ひとりの「できること」を持ち寄って、危機的状況に置かれた子どもたちとともに悩み、学びながら、子どもたちの笑顔をふやす活動している日本のNGOです。

(特活)アイキャン
(特活)パルシック
国を越えて、人と人が助け合う社会へ。
東ティモール、スリランカ、パレスチナ、マレーシア、石巻で、民際協力とフェアトレードを通して、国を越えて人と人が対等で人間的な関係を築くことを目指して活動しています。
(特活)パルシック
(特活)パレスチナ子どものキャンペーン
パレスチナでも子どもは希望の種子

戦争で破壊されたガザでは、人口の8割が援助物資に頼る生活になりました。子どもたちが飢えることなく学校に行けること、そして破壊された環境や土地の回復が必要です。

(特活)パレスチナ子どものキャンペーン
(特活)ヒマラヤ保全協会
100円で1本の木が植えられます。

世界の屋根・ヒマラヤの大自然を未来につなぐ国際環境NGOです。地域住民の主体的参加による植林事業をすすめます。地域の環境を保全しながら、住民の生活を改善します。

(特活)ヒマラヤ保全協会
(特活)ブリッジ エーシア ジャパン
アジアにかける橋!

BAJはミャンマーとベトナムで、女性や難民、子ども、貧困層の人たちを対象に、職業訓練や教育支援をおこない、地域のインフラ整備を住民参加で進めています。

(特活)ブリッジ エーシア ジャパン
(特活)地球市民の会
感動という「こころの汗」を流しませんか。

当会は佐賀県を拠点に、国際交流、国際協力を通して、地域・日本の社会変革に挑戦する認定NPO法人です。海外のみならず国内の地域開発事業にもチャレンジし、「世界の平和は足元から世界へ向けて」という志で活動しています。

(特活)地球市民の会
(特活)日本国際ボランティアセンター
人間の力にこだわる。問題の根本にこだわる。

アジアやアフリカの農村で環境保全型の農業を通して生活改善に取り組むほか、紛争の混乱にあるパレスチナやアフガニスタンでは医療をはじめとした人道支援を行っています。9カ国で活動中。

(特活)日本国際ボランティアセンター
(特活)環境修復保全機構
アジアの開発と環境との調和をめざして

日本を含むアジア諸国における農業的・都市的開発と自然環境との調和を目指した環境修復保全に取り組み、環境教育啓蒙活動を通して、自然資源の持続的利用に寄与することを目的とし活動します。

(特活)環境修復保全機構
(特活)緑の地球ネットワーク
地球環境のための国境をこえた民衆の協力
中国山西省大同市の黄土高原で、23年間緑化協力を続けてきました。多様性のある森林の再生を目指し、木を植えるだけでなく、育苗や森林管理のための林業技術協力も視野に入れています。
(特活)緑の地球ネットワーク
学校法人アジア学院
一人のリーダー研修で村が変わることもある

アジア学院はアジア・アフリカからその土地の人々と共に働く草の根の農村開発従事者を招き、地域の自立を目指す指導者を養成しています。研修では有機農業を基盤とした持続可能な社会作りを学んでいます。

学校法人アジア学院
緑のサヘル
アフリカに緑を、子供たちに笑顔を!

アフリカのサハラ砂漠の南にあるサヘル地域で、砂漠化の進行により危機的な状況にある住民生活を改善するため、地域住民自らによる環境保全や食糧増産の実現に向け、日々活動を続けています。

緑のサヘル
ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet